学術支援株式会社

トップページ自社セミナー情報819-474-7792
813-658-1724 医学英字論文の 要約作成サービス6672403373


血圧脈波検査関連指標の 英字論文に関する情報提供血圧脈波検査関連の 指標や判読に関するセミナー

866-778-7755(339) 203-0266

 弊社は医療機関・医療関連企業の学術業務を
 ピンポイントでサポートする企業です
。


  医学論文の全文和訳・全文英訳以外の様々な学術関連業務をお手伝い致します。

  弊社ホームページにお越しいただきありがとうございます。

<平成30年11月6日記載>

来年1月~2月にかけて、血圧脈波検査セミナーの開催を計画しています。

<平成30年11月5日記載>

本年10月までに弊社代表の阿藤大が依頼対応しました、英字の臨床論文査読は以下の通りです。
(補足:各雑誌の編集長よりメールで直接依頼を受けたもので、阿藤から問いかけて得られた業務ではございません)

2018年10月 Kidney and Blood Pressure Research (スイスKarger社傘下の雑誌、インパクトファクター 3.00、2018年10月確認時点)
2018年10月 Hemodialysis International (米Wiley社傘下の雑誌、国際透析学会の公式雑誌、インパクトファクター 1.24、2018年10月確認時点)
2018年7月 Medical Principles and Practice (スイスKarger社傘下の雑誌、インパクトファクター 1.54、2018年10月確認時点)

<平成30年10月28日記載>

小職による論文「総説:生命予後予測指標としてのbaPWVとCAVI」が発行されました。
(585) 730-3451

confluxへのリンクを、会社概要のページに記載しています。

<平成30年10月11日記載>

小職による論文「ABIとbaPWVの落とし穴」の原著の閲覧数が2000回を超えました。
また、pdfとHTMLによる閲覧はアブストラクトのヒット数に対して70%を超えました。
/www.dovepress.com/article_metric.php?article_id=37549

<平成30年10月10日記載>

本日より、血圧脈波検査のメールマガジンを配信致します。
お申し込みはメルマガのページにございます、申込用紙をご利用ください。


第1号~6号の予定内容

<平成30年9月6日記載>

血圧脈波検査セミナーの基本的な部分(ABI・baPWV・STI)の内容は、
「血圧脈波検査のメールマガジン」をご購読頂ければ(個人会員B以上)、
会員期間の間はご自由にご覧いただく事が出来ます。

ぜひご検討ください。


当サイトは (610) 308-0345 さんの画像を利用しております。
(当サイトのデザインは、スマートフォンの横幅に収まりやすくなる様、考慮しております)

~ ご提供サービスの概要 ~

4693157715

  PubMed(米国国立医学図書館)のデータベースに登録されている
  約2900万本の医学英字論文の中から検索式を構成して検索し、
  要望される内容に対する適合度のランク付けとともにリスト化して提供

【2】 医学英字論文の要約作成

  論文を読み、1~3スライド程度に注釈付きで要約

413-624-5997

【4】 form®ãƒ»VaSera®ã®æ¤œæŸ»çµæžœã«å¯¾ã™ã‚‹ã‚»ã‚«ãƒ³ãƒ‰ã‚ªãƒ”ニオン

egregiousness

【6】 ABI/PWV/CAVI/STI 等の血圧脈波検査指標や判読に関するセミナーの実施

 [3]~[6]日本製品2機種の約2350本の国際論文(PubMed登録主体)に関する独自データベース利用
  担当者自身、この分野における英字臨床論文3本、および日本語論文2本の執筆実績があります
         (*2018年8月末日時点)

639-793-6491

6154093704

 [7][8]医学関連の様々な調査、研究内容、統計学的な留意点についての提言、統計解析の試行・代行等
  (担当者自身も英字臨床論文の第一執筆者としての実績があります)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  その他、希望されるサービスがあれば、お気軽にご相談ください。

お問合せフォーム(エクセル) お問合せフォーム(PDF)

*「メルマガ」・「セカンドオピニオン」のお申し込み用紙は、
  各該当ページにございます。


資料セット(pdfファイル)

<個人情報のご利用について>

当社はお客様及の個人情報を、下記の利用目的や基準に則り、必要に応じて使用致します。
また、下記に示します例外を除き、第三者への提示は致しません。

1.アフターサービスのご提供
2.マーケティング活動およびアンケート調査
3.当社へのご質問、ご依頼等へのご対応
4.個人情報を特定不可能に加工した統計資料の作成、分析、活用
5.個人情報取得の際に追加でご説明致します目的

*公務上、提出を求められた場合、法令に則い提示する可能性はございます



<各サービス料金の改定について>

改定する可能性は全ての料金体系においてございますが、事前に提示いたします



学術支援株式会社

~常に公正な情報提供とサービスを~