Column

約150年の前に撮られた江戸城を同じ場所で撮影してみた

江戸時代当時の江戸城を写真で見たい場合、有名な写真といえば、イギリス人写真家フェリーチェ・ベアト(Felice Beato)が、慶応2年、3年(1866、1867年)に撮影した写真と、明治元年~17年(1869~1884年)の間に撮影されたライムント・フォン・シュティルフリートの写真が有名です(すでに江戸じゃないですね)。 日本人自らの記録としましては、1871年には新政府の命令で横山松三郎が旧江戸城写真帖(/kunishitei.bunka.go.jp/bsys/maindetails.asp)を作成しています。しかし、横山の写真帖と比べて、ベアトとシュティルフリートが撮影した写真は非常に良い状態で当時の姿を記録しています。 この記事ではベアトとシュティルフリートの写真がどこで撮られ、当時と比べて江戸の地がどのくらい変貌したのかを見ていきます。なお、江戸城の写真はすべてAIで着色しています。早速みていきましょう。 桜田濠 まずはこちらのベアトの写真から。 こちらが現在の写真です。 こちらは江戸城の堀の外から見た様子です。この堀は桜田濠といいます。ロードバイクで走っている方やランナーの方にはお馴染みかもしれませんが、半蔵門から下っていき最高裁判所の近くで撮影しています。この付近は江戸時代には田原藩三宅家上屋敷や井伊直弼の彦根藩上屋敷がありました。このまま右のほうに行くと桜田門があります。当時と比べて堀がやや埋め立てられていますね。 二重橋 次はシュティルフリートが撮影した二重橋です。こちらは二重橋がまだ木製の頃の写真です。 現在の姿はこちら 二重橋は正確には手前の目立つ橋が正門石橋、奥に重なって見える橋が正門鉄橋とと呼ばれています。1887年(明治20年)12月8日に木製から現在の姿へ改修されました、江戸時代の写真と比べ、多くのやぐらが失われていますが、奥に佇む伏見やぐらだけは現存しています(関東大震災時に崩壊。その後修復)。 蓮池巽三重櫓 次は坂下門の前らへんから蓮池巽三重櫓を撮影したシュティルフリートの写真です。 現在の写真はこちら。 現在の写真だと何も残っていませんが、石垣の模様は今も昔も変わっていませんね。ちなみにこちらの立派なやぐらは、明治3年(1870)10月7日の蓮池門爆薬庫火災により類焼したと言われています。シュティルフリートの写真ですと、カメラアングルが低くて堀が見えませんが、いまの写真でみるとしっかり堀が見えます。右側の奥の方に桔梗門と大番所が見えます。 次はほとんど同じ場所で撮影しているベアトの写真です。 こちらが現在の写真。 蓮池巽三重櫓があり、その手前から玉葉多聞、弓矢多聞、寺沢やぐらが確認することができます。現在になると大手町のビル群がみますね。 桔梗門 こちらが現在の写真です。 こちらはシュティルフリートの写真で先ほどの写真の奥側にあった桔梗門です。こちらも現在の写真を確認すると、ほとんどの建物が消失していることがわかります。 ここまでは比較的簡単に見つけることができましたが、問題なのが次の写真です。 奥に見えるのが富士見やぐら、左側にある門が坂下門であることはわかるのですが、どこから撮ったのかがわかりません。写真の角度としてはこちらです。 それで、このまま後ろの方へさがって行くと立ち入り禁止の箇所になります。おそらく立ち入り禁止の場所で撮影されています。ここで違う全体がわかる写真に登場してもらいます。 こちらは1914年(大正3年)にアメリカで刊行された『The Spell of JAPAN』で紹介された写真です(カラー化してます)。刊行までの時間的なロスがありますので、実際には刊行年よりだいぶ前に撮られていると思います。こちらの写真は立ち入り禁止の箇所がわかりますので、こちらで確認すると次の箇所で撮影したことがわかります。 以上で約150年前の江戸城と現在の様子を確認することができました。 もっと、ベアトとシュティルフリートの写真をカラーで見たい方は次の書籍をkindleで確認してみてください。 ベアトの写真。『江戸の風景と人びと AI Color Series』 シュティルフリートの写真、『幕末日本の風景 AI Color Series』

Photoshop

Photoshopで違和感なく写真の色を変える方法

こんにちは、今回はこちらの写真をアップデートして行きたいと思います。 こちらの元の写真は1914年から1918年の間に撮影されており、flickr上で、A.Davey氏によりAttribution 2.0 Generic (CC BY 2.0)]にて公開されています。 プロフィールページ By: A.Davey /www.flickr.com/people/adavey アルバムページ By: A.Davey 100年以上前の写真なのに、とても解像度が良く、綺麗に色が載っています。満開の花の後ろで女の子が自信ありげにポーズをとっています。とてもいい写真ですね。 ただ残念なことに人工知能が着色を間違えており、一部の葉っぱが着物と同じ色になってしまっています。 今回はこの葉っぱの色が違和感なく本来の色になるように調整していきましょう。 1.葉っぱを自動選択ツールで切り抜いていく 今回は調整する箇所が多い上に細かいので、[自動選択ツール]を使用します。 自動選択ツールを使用すると、このように類似した色が自動的に切り抜かれます。 2.選択箇所を増やす 自動選択ツールは[シフト]キーを押しながらクリックしていくと、選択領域を増やしていくことができます。 3.色を変更する 選択領域を設定できたら、[色相・彩度]を開きます。[色相・彩度]の中の[色彩の統一]をクリックすると、写真にあった彩度が設定されます。 そこから画面を見ながら調整をしていきます。今回は[色相]が「64」、[彩度]が「17」、[明度]が「-14」になるとちょうど良さそうです。 4.花も調整していく ついでに花も調整していきましょう。葉っぱを選ぶのと同じ容量で花を選択し、[色相・彩度]の中の[色彩の統一]をクリックすると違和感なく色を調整することができます。 5.画面全体を調整する あとは画面全体の色を調整していきます。 6.完成 これで完成です。人工知能では間違っていた葉っぱの色を調整し、花も一部色が乗っていなかったのですが、Photoshopで色を載せることでより一層鮮やかな写真になりました。女の子が和服を着ていること以外は現在と変わり映えがないのではないでしょうか? ちなみに明治時代のカラー化した写真をもっと見たい方はこちらのこちらの書籍もよろしくお願いいたします。 日本 1914〜1918 AI Color Series

Photoshop

ホワイトバランスを修正して花を綺麗に加工する方法

こんにちは、PearBookです。今回はこちらの写真をアップデートしていきたいと思います。 こちらは昭和10年に発表された写真なので、おそらく1932年~1935年に撮られた写真です。子供を背負いながら木登りするのも、今となってはどうかと思いますが、とても情緒がある写真だと思います。和服と桜の花ということで、どことなく『この世界の片隅に』を思い浮かべる一枚ですね。 これですね。 元の画像のままでもいいのですが、もう少し桜の花を鮮やかにしたいところです。今回は桜の花を少しでも綺麗に見えるように加工していきましょう。 1.レイヤーを複製する この写真で真っ先に直したいところは白が白色になっていないところです。いわゆるホワイトバランスの調整ですね。基本的にはホワイトバランスはカメラで撮影するときにしか設定できないのですが、Photoshopならそれなりに修正することができます。まずはその準備として[レイヤー]→[レイヤーを複製]を選択し、レイヤーを複製します。 2.白を白色として設定させる 複製したレイヤーを選択し、[フィルター]→[Camera raw フィルター]を選択します。Camera raw フィルターは写真をかなりの自由度で色やコントラストを調整することができます。この中で「ホワイトバランス」の中の「色温度」を調整します。今回は[-13]に調整すると、桜の花が白色になって良さそうです。 3.桜の花を切り抜く 全体のホワイトバランスが調整できたら、今度は桜の花を調整していきます。[ツール]→[クイック選択ツール]を選択します。クイック選択ツールを選択できたら、桜の花の箇所を選択していきます。 4.桜の花を調整していく 桜の花を選択し終えたら、[色調補正]→[自然な彩度]をクリックします。すると、「自然な彩度」と「彩度」を設定できますので、調整していきます。今回は「自然な彩度」が[34]、「彩度」が[51]にうすると良さそうです。 5.全体の明るさや彩度を調整していく あとはトーンカーブや色相で全体の色を調整していきます。 6.完成 全体的に明るく、色も濃くなりました。本題の桜の花も綺麗な白色になり、薄っすらピンクが残っていて実際の桜の花に近くなりました。また右下らへんには葉っぱの緑色も復元されています。 ちなみにこちらの写真は、機械学習で色付けをしています。 他の写真も見てみたい方は『昭和の面影: 戦前の人々の生活 AI Color Series』という電子書籍に収録されていますので、こちらもよろしくお願いいたします。 昭和の面影: 戦前の人々の生活 AI Color Series

Photoshop

背景をグラデーションにして写真全体を引き締める方法

こんにちは、PearBookです。今回はこちらの写真をアップデートしていきたいと思います。 写真は台湾の民族衣装を着た女の子です。1912(明治45)年に撮られた写真なので、だいたい100年前の写真です。民族写真なので、どことなく『100年前の写真で見る 世界の民族衣装』の表紙に似ていますね。 最初に見た台湾の写真は画質が悪いこともありますが、どうもぼんやりしており写真の魅力にかけます。一番の原因はやはり背景がぼやっとしており、被写体の顔に視線が向かないことでしょう。今回は背景を調整して被写体に視線が向くようにしましょう。 1.塗りつぶす用のレイヤーを作る まずは背景用に塗りつぶすレイヤーを作ります。[レイヤー]→[レイヤーを複製]を選択して、レイヤーをコピーします。レイヤーの名前は一先ず「背景」と「写真」にしておきます。 2.コピーしたレイヤーを塗りつぶす まずはスポイトツールで適当な色を抜き出します。新しく色を設定しても構いません。それで適当な色を選択できましたら、ツールの中にある[塗りつぶしツール]を選択します。 3.塗りつぶす 「背景」レイヤーを塗りつぶしていきます。[塗りつぶしツール]で大まかに塗りつぶしたら、あとはブラシを使用して細かい箇所を塗っていきます。 4.背景にグラデーションを適用させる 「背景」レイヤーにグラデーションを適用させます。 ツールから[グラデーションツール]を選択します。選択できたら、下から上へクリックします。 すると、このようにグラデーションが適用されます。 5.背景以外を切り抜く 「背景」レイヤーをグラデーションできたら、レイヤー順で一番下にし、「写真」レイヤーを選択します。 「写真」レイヤーを選択したら、[クイック選択ツール]を使用して人を選択していきます。 人の選択が終わったら「背景」レイヤーに移動して、キーボードの[Delete]ボタンを押します。すると、人がいた場所が切り抜かれます。 6.人が濃くなるようにする あとは不透明度を調整して、背景が馴染むようにしたいのですが、いまのままですと人が薄くなってしまします。 なので、「写真」レイヤーをさらに複製して、一番下のレイヤーに置いておきます。 7.不透明度を調整して写真全体を馴染ませる 一番下にコピーができたら、もう薄くはなりませんので、今度こそ不透明度を調整して写真全体を馴染ませていきます。今回の場合は52%が良さそうです。 8.色を調整する あとはレベル補正やトーンカーブで調整していきます。 9.完成 これで完成です。黒が下に集中しており、重力が安定しています。どこに視線を向けていいのかわからなかった調整前に比べ、しっかりと顔に視線が向くようになってますね。イメージ通りの写真になりました。 ちなみにこちらの写真を含んだ台湾の写真集はAmazonで販売していますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。 台湾の先住民 AI Color Series